LM-Cam 基本機能 使い方ガイド

更新日:4月28日

User Guide Engulish ver.


2022年4月28日 更新


<使用上のご注意>

・Wi-Fi環境でのご利用を推奨いたします。

・スマートフォンのBluetoothはOFFにしてご利用されることを推奨いたします。 ・iOS 15.01、15.02で有料課金をした際にエラーがなる場合がございます。その際は15.1以降にした上で有料課金をお試しください。

・最新iOSでのご利用を推奨しております。


[画面メニュー]


[内部メニュー]

[よくある質問]

 

色温度 / 色合い設定

色温度(TEMP) / 色合い(TINT)を設定することで、よりきれいな映像を作り込むことができます。

撮影環境に応じてシンボル(記号)を選ぶことによって自動で映像を調整をすることが可能となります。(AWBを選択した場合は自動で調整となります。)



ISO / FOCUS設定

画面をタップすることでカスタムモードとなり、FOCUS/ISOのアイコンを上下することで手動調整をすることができます。



絞り

スライダーを上下に移動させることによって、カメラに取り込む光の量を調整することができます。



画面ロック

画面上にある鍵をタップすると画面全体がロックされ、誤ったタップのご動作を防ぐことができます。



ZOOM


デジタルズーム設定方法

倍率ボタンを長押しすることで「デジタルズーム」の利用が可能となります。

調整完了後タップを離すと、「デジタルズーム」の設定が解除されます。



マイクOn/Off

マイクマークをタップすることで、映像の音声をOFFにすることができます。



イン / アウトカメラ切替

インカメラとアウトカメラの切替を行うことができます。



内部メニュー


Preset

映像の設定(ISO、FOCUS、色温度、色合い、絞り)を保存することができます。



Display

GridをONにするとグリッド線を表示させることができます。



Backgrounds

クロマキー用にGreenバック、Blueバックへ。背景を見せたくない方向けにBlurが選択できます。Quality設定としてHigh、Lowの選択が可能です。



Camera name

ブロードキャストソフト(OBS / vMix / Wirecastなど)に表示される名前を設定することができます。



Video encoding

[Full NDI]、[HX2(HEVC、H.264)]

→HX2はFull NDI(100M)と比べ、最大約1/10の伝送量で同画質の映像を送出することが可能です。HEVCの場合は10M設定でFull NDIと同等となります。

※HX2(HEVC、H.264)は有料となります。

※HEVCの映像がWindowsのブロードキャストソフトで表示されない:WindowsのブロードキャストソフトでHEVCの映像が正しく表示されない場合「HEVC ビデオ拡張機能」をインストールするとご利用可能となります。Macでは不要となります。


NDIは、NewTek社が開発した高品質・低遅延のIPビデオ伝送規格。NDI HXはNDIの最新の "High Efficiency"バージョンで、Full NDIよりも高品質・低帯域で伝送が可能。

※Mac OSでブロードキャストソフトを利用する場合:H.264を利用する際 Low Latency を「OFF」にしてご利用ください。HEVCの場合そのままご利用いただけます。


[SRT(HEVC、H.264)]

SRTは2〜3秒ほどの遅延がありますが、キャリア回線(docomo、au、Softbank、Rakutenなど)の場合でも、低帯域で高画質な伝送が可能なため中継など外部でも利用することができます。


Resolution

伝送する"画面サイズ"を選択することができます。

4Kを利用される場合、HEVCでのご利用を推奨しております。



Freme rate

伝送する"フレームレート"を選択することができます。



Bitrate

伝送する"ビットレート"を選択することができます。数値が高ければ高いほど高画質となります。


【HEVC推奨ビットレート】

  • 4K:15M前後

  • 1920 x 1080:9M前後

  • 1280 x 720:6M前後

  • 640 x 480:3M前後



Recording

ONにすると配信中の映像をRECすることが可能となります。また、配信中に表示される画面のRECボタンを押すことでもRECをすることができます。


[よくある質問]

Q.HEVCの映像がWindowsのブロードキャストソフト(OBS、vMix、Wirecastなど)で表示されない

A.「HEVC ビデオ拡張機能」をインストールするとご利用可能となります。Macでは不要となります。


Q.H.264 Low Latency=ON で使用するとMac OSでブロードキャストソフトが利用ができない

A.H.264を利用する際 Low Latency を「OFF」にしてご利用ください。HEVCの場合そのままご利用いただけます。

閲覧数:618回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日LM-Camをアップデートし、解像度を4Kで出力できるようにいたしました。 ご利用にあたり複数台で運用する際、端末全ての解像度を4Kで送出すると、映像同士の遅延が起きやすくなり安定しないため、複数台で運用する場合は"内1台を4K運用"することをおすすめいたします。 LM-Camを利用してくださっている「ヒコさま」の検証映像が非常にわかりやすかったので、ご紹介させていただきます。