LM-CamのSRTを使用して[OBS]で配信する方法

ゲームやライブ配信で使用する定番のブロードキャストソフト「OBS」ですが、LM-CamのSRTでの利用方法を説明致します。


SRTはNDIよりも遅延は大きく映像同士の同期を取るには調整が必要ですが、NDIと比べて非常に安定しており、安定感のあるプロトコルとなります。


OBSはWin、Macともに無料で利用することができ、かつPluginが豊富にあるため世界で一番利用されているブロードキャストソフトとなります。


1.OBSダウンロード

OBSサイトにて最新版をダウンロードください。

https://obsproject.com/ja/download

対応OS:Windows、Mac



2.LM-Camダウンロード

カメラアプリ「LM-Cam」をダウンロードしてください。

https://lm-cam.net/

※iPhoneのみの対応となっております。



3.LM-Camの設定

OBSのダウンロードが完了したら、LM-CamのSRT設定を行います。

※SRTの設定は複数ありますが、今回はlistenerモードで受信する方法を紹介します。


LM-CamをダウンロードしたらメニューからVideo encoding内にある「SRT Listener」を選択してください。

Hostnameは空白、Portには「49095」を入力しています。

※IP:「接続中のIP」はOBS側に入力する際に必要となります。



LM-Cam SRTの入力方法

例:

Hostname:IPは入力せず空白でOK

Port:49095



4.OBSの設定

OBS内のSceneを選択し「メディアソース」を選択。

メディアソースの設定は「ローカルファイル」のチェックを外し、『入力』には「LM-Camに接続中のIP」、ポート番号は「設定した番号」を入力します。

そして、URLの最後に「?mode=caller」と入力します。



OBSメディアソースの「入力」設定方法

例:

IP:00.000.00(LM-CamにつながっているIP)

ポート番号:49095


srt://00.000.00:49095/?mode=caller

↑OBS メディアソース内の「入力」に設定します。


ListenerとCallerについて

Listenerは軸となり接続される側で、CallerはListenerに接続し映像を受け取る側となります。これらを逆に設定したとしても映像伝送は機能します。


閲覧数:16回0件のコメント